ちくわ★セカンド・シーズンのはじまり

f0195891_21414550.jpg
この前の入院の時、とうとう「慢性肝炎」と言われてしまいました。007.gif
去年の11月に初めて肝臓の数値が高くなってることに気がついてから、数値の高低の繰り返しで、なかなか改善されなかったので、「おそらく数値が高いまま生活していく事になるのかもしれない」とは言われてたけれど、はっきり病名を言われたわけじゃないので、ウルソ飲んで、プレセンタを摂取したら良くなるかも・・・とちょっぴり期待もしていました。
ちくわの肝炎は、一時的なもので、きっと正常値に戻るさ。と・・・
ネットで「慢性肝炎」を調べると、治らない病気。
まさか、ちくわはまだこの段階じゃないよなって。思ってました。
でも退院する時に、とうとう先生からのお話で「慢性肝炎」です。とメモに書かれて今後、こういう症状が出てくる可能性があります。と説明をされてしまいました。
先日言われた、原因を探る為のCTを撮るという話は、とりあえずなしに。
f0195891_21421962.jpg
「慢性肝炎」=一生治らない病気 ちくわは長生きできないかもしれない。
今すぐ死ぬと言われたわけじゃないのに、涙が出てきちゃいました。
それから、3日間、絶望のどん底で、眼が真っ赤に腫れてしまいました。
今でも考えると涙が出ます。
だから考えない事にしました。
今までずっとちくわには長生きしてもらおう!と思ってたけど、たとえ他の子よりは短い一生でも太く短く、美味しく楽しい毎日を送らせてあげたい!と思うようにしました。
一生終わるぎりぎりまで、自分の足で歩けて(せっかくヘルニアも治してもらったしね)、美味しいご飯食べたい!って思ってくれるように努力しようって思いました。
f0195891_21432367.jpg
正直、今までは食欲旺盛なちくわをこれ以上太らせないように、くらいしか考えてなくってなるべく低脂肪な物、カロリーの少ない物を食べさせていました。
生野菜が大好きで毎日食べるのが習慣、ご飯支度で味付け前の野菜もつまみ食い、だったので、なんとなく野菜をこれだけ食べれば、後はドライフードで大丈夫だろうと考え、一応プレミアムの部類のフードだし、おやつは国産て表示であれば安全だろうくらいしか考えず、無添加フードや手作りのご飯とかいいのはわかってても、何がどういいのか、わからず真剣に考えたことがなかったのです。
手作りだと栄養バランスが大変そうって思ってました。
実際、先生に相談しても手作りはあまり賛成されなかった。
療法食は食べてくれないから無理に勧められなかったけど。。。
f0195891_21435075.jpg
ちくわの肝臓が悪くなって初めていろいろ読んでみたら、やっぱり無添加だったり手作りの方が負担がかからないのかなぁ?って・・・今更遅いんだけど、少しでも肝臓を長持ちさせる期待を込めるのと、
1日でも多く「今日のメシもうまかったのら♪」って楽しんでもらおうと、ご飯を工夫する努力をしています。

退院してからは少しの無添加ドライフードに消化の良さそうなものをトッピング、最初はカリカリは残してたけど、元気になるのと同時に、ガリガリ食べれるように。
今はすっかり、食欲は戻り、喜んで食べるちくわを見ると、今のうちにもっともっと美味しいものを食べさせたいって本とにらめっこです。
もちろん完全手作りは、いまだに自信がないし良質なたんぱく質と栄養も必要なので、カリカリ&トッピングでちくわ好みのご飯作りです。
なぜかスープぶっかけご飯は好きじゃないらしい。。。
f0195891_2144448.jpg
最近はおかんがもたもた作ってるのをバタバタして待ってます。
面白いくらい喜んでるので、買い物いっても「これ、ちくわ食べれるな、タラは良いって書いてあったな」なんて、人間のご飯もそこから考えるように・・・。(逆だろ・・・)
f0195891_21451249.jpg
もっとずっと前からこうしていたら、病気にならなかったかも、とか胆石の手術してからもっと肝臓の勉強して気をつけてれば治った肝炎だたかも、といっぱい後悔ばかりしてます。1年前に戻りたいです。025.gif
今こんなに食欲あっても、また食べれなくなる日もある。良い悪いを繰り返して悪くなるらしいので、はっきり言って何をどう気をつけてればいいかわからない状態。
どうせ治らないなら、美味しく楽しく食べて、少しでも肝臓の悪化が遅くなって1日でも長く生きれたら、それはそれで、もうけもんだなって思うのです。思うようにしてます。悲しいけど。。。
な~んて言って、ミラクルが起こって間違って20歳まで生きないかなぁ?012.gif
事故とかで突然いなくなった訳じゃない、おかんに前もって覚悟をさせてくれたんだから、毎日大事にちくわと生活して行こうと思うのです。
長くて暗い話でごめんなさい。今のちくわパッと見とっても元気です。

=おかん=
[PR]
トラックバックURL : http://chikuwakun.exblog.jp/tb/18762207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あるじ at 2013-03-16 22:51 x
ちくわん。応援してる。
Commented by 元気でないよね。 at 2013-03-16 23:52 x
前にもコメントした、さまあのままです。

そもそも胆石はなんでできたんですかねー。
うちは微小なシャントがあるようで、肝臓も小さいです。
小肝症というらしいです。
なので、生まれつき肝機能が弱いため、胆石ができたのでは、と言われてます。

まだ二歳ですが、
毎月検査、毎週末点滴、毎日ウルソとサプリと処方食にお湯たっぷりかけご飯です。

ダックスは体液が濃い子が多いですよね。
水分とるのが難しいから、大変ですね。

うちのこも肝機能で苦しんでます。
気持ちよくわかりますよ。

検査や診断の話は待つときつらいし長いですよね。

Commented at 2013-03-17 20:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cue-nacs at 2013-03-17 21:03
あるじさんこんばんは!
応援ありがとうございます(泣)
できることなら“奇跡の血”の力でもう1度完全復活してもらいたいです!こたろうパワー目指します♪
Commented by cue-nacs at 2013-03-17 22:03
さまあママさんこんばんは!
さまあちゃん、がんばってますね。
たまにのぞかせてもらってます。大丈夫かな?って。
やっぱり、肝臓って大事な臓器なんだなって痛感してます。
ちくわは胆汁が流れにくい体質で胆石になりやすかったんではないかって事でした。さまあちゃんみたく先天性のものではないので、肝炎を悪化させたのは術後の管理を怠った私の責任なんだと思います。

退院後、なぜかぶっかけご飯食べてくれなかったので、今はご飯&スープ薄めた水、別でゴクゴク飲んでます。
与えるものも考えちゃいますね。単純に効果があるのか、間違って逆に負担かけちゃうんじゃないかとか・・・。

これからずっとなんだから、数値が高い低いで振り回されちゃいけないんだってわかってても、やっぱりすごく気になりますね。
さまあママさんも頑張ってるんだから私も頑張らなきゃですね!
Commented by k-goripon at 2013-03-17 22:44
おかんさん、こんばんは♪
泣きました、とてもとても悲しくて泣きました。
きっとごりぽんの厄年がいけないんだと・・・。
悲しい気持ちでいっぱいになりました。
ちくわちゃん、ごめん。おじさんが厄を降り注いでしまったかも。
ごめんなさい。
でも、きっときっとちくわちゃんは長生きしてくれる。
奇跡のワンコの血脈とかではなく長生きしてくれる。
おかんさんの愛情が延命してくれる。私はそう信じています。
おかんさん、ご自分を責めないでください。
今まで愛情いっぱい、ちくわちゃんに接してきたではないですか。
後悔することはちくわちゃんにとっても不幸です。
頑張りましょう。ちくわちゃんが美味しく楽しい日々を過ごせるように。
何もお力になれなくて申し訳ない。
ごりぽんなんかよりよっぽど強力な「あるじさん」からコメントいただいたから
千人力ですね!
ごりぽんも微力ながら、ちくわちゃん完全復活の祈願したいです。
悲しい気持ちばかりでは、悪いこと呼び込んじゃいますね。
日々、一生懸命を出し切っていただきたい。
幸せな日々を過ごしていただきたいと、切に祈ります。
それでは、お体ご自愛ください。
ごりぽん
Commented by cue-nacs at 2013-03-18 12:34
ごりぽんさんこんにちは!
悲しくさせちゃってごめんなさい。。。
ごりぽんさんの厄じゃないですって!うちのおとーのですって!
ていうか、もう今年からは良くなるはずだから大丈夫ですよ~
お守りもあるんだから、きっと守ってくれると思います。
ちくわのことだから、ヘルニアの時みたく、おかんをどん底に突き落としておいて、あっさり良くなったりしないかなぁなんて思うんだけど、さすがに肝臓はてごわいみたい。ごりぽんさんもまめに検査して下さいね。
そして、ももちんも気をつけてあげて下さい。
おかんが頼りなくて、みんなに心配させてしまったけど、まだまだあきらめずに頑張らなきゃ駄目ですね。
いつも応援してくれてありがとうございます。力もらってます♪
Commented by 血糖値 正常値 at 2013-03-22 13:38 x
はじめまして!
ワンちゃんのブログを探していて、おかんさんのブログを見つけましたので、コメントします。

ちくわちゃんの写真かわいいですね!
うちにもワンちゃんがいます。キャバリアのオスです。
名前はモカと言います。今年の夏で10歳になります。
おかんさんのブログを見て何だか切なくなりました。ちくわちゃんにいつまでも元気でいてほしいと思う気持ちとてもよく分かります。
うちのモカはもう年なので、私はよくモカに「長生きしようね!ママが生きているうちは頑張るんだよ(私も病気持ちなのであまり長生きはできないかなとおもっています)」とよく話します。

おかんさん!!あんまり自分を責めたり、後悔したりしないでください。こんなに思われているちくわちゃんは“幸せ”ですよ!!
おかんさんが泣くとちくわちゃんが心配していますよ!!

私もモカとの1日1日を楽しんで過ごそうと思っています。
おかんさんも1日1日を大切にちくわちゃんとたくさん思い出を作りながら楽しく過ごしてください。それがちくわちゃんにとっても一番うれしいんじゃないかな?

ちくわちゃんとおかんさんの幸せな日々が長く続きますように祈ります!!
Commented by cue-nacs at 2013-03-23 22:03
血糖値 正常値さん、はじめまして!
コメントありがとうございます♪
そうですね、確かに泣いたりしてたら「どした?」咳したりしても「どした?」って、ペロペロしてくるので、こっちの気持ちや体調もきっと伝わってるんでしょうね。
だったら1日でも多く笑って過ごさなければならないですよね。
後悔しないで、これからも後悔する事のなようにしますね!
モカちゃんにも、もっともっと元気でいてくれるといいですね。
落ち込んだり、具合悪かったりしてもちくわがいるから、癒されて頑張れる。逆に元気をもらってるのは私たちなんでしょうね。
コメントとても励みになりました。
ありがとうございます!新たな気持ちでセカンドシーズン過ごします♪
by cue-nacs | 2013-03-16 22:36 | ★慢性肝炎 | Trackback | Comments(9)