なかなか来ない春

f0195891_2271764.jpg
大分暖かくなったとはいえ、まだちょっと寒い帯広。
最低気温がマイナスだったりプラスだったりを行ったり来たりです。
3月に入ってからは毎週末大荒れで、吹雪き連発、十勝はそうでもなかったけど、高速はおろか、国道でさえ事故とかで通行止め、テレビでいろんな場所で国道通行止めとずっとテロップが流れてた。
この前のあの雪で沢山人が亡くなってから早速「車の運転が困難になる恐れ」という予報が出るようになりました。
ほんと、吹き溜まりって怖いんだよね。
2WDの軽自動車なんて無理して突破しようとしても無理なんです。
あの雪、締まってて固いんだよね。
f0195891_2273813.jpg
でも不安定で大荒れだった割には、ちくわのてんかんまだ出てないな。
体調悪いからって、引きこもって安静にしてたから出なかったのか?
これからもっとすごい低気圧くるのかな?
てんかんがひどくなったり、ヘルニア再発されても困るな。
もう肝臓の事考えると、最低限の薬以外使いたくない。
f0195891_227537.jpg
先週、あまりにもおかんが落ち込んだ記事を書いたので、いろんな人に励ましてもらいました。
ものすご~く心強くなりました。
ブログではおかんの気持ちや病状をいっぱい書けたけど、実際の家族であるおとーやじいちゃん、ばぁちゃんには、話し出すと泣けてしまってちゃんと話せてなかったから、吐きだして、受け止めてもらって安心できました。
ブログやってて良かったな。。。コメントくださって(非公開コメントの方も)本当にありがとうございました。
おかんまだまだこれから頑張るよ!
f0195891_2282313.jpg
この前までは、もうダメだぁ。。。なんて思ってたけど、病院の先生の内容と、慢性肝炎とはこういう病気だってことまでしかPCで見てなくって、肝炎患っても手作りご飯で元気に過ごせてるっていうワンちゃんも結構いるんだってブログ読ませてもらってわかってきました。
美味しい物食べて、運が良ければ1日でも長く生きられるかも・・・の願いも夢じゃないのかもしれません。
f0195891_2283485.jpg
ところで現在のちくわというと、それはそれは元気になってます。
次回病院に行くのは来週末だから実際どういう状態なのかはわからないけれど・・・。
元気に見えても肝数値が高かったり炎症起きてたりするから安心できないんだけどね。
f0195891_2285844.jpg
ご飯がとても楽しみにしてくれるようにはなったみたいです。
うるさいくらいです。
人がご飯用意してると立ち上がって見ようとするので、毎日怒られてます。
ワンワンという声も大きくなってうるさいので毎日怒られてます。
家の中を走る音もドスドスうるさく、ちゃかちゃか落ち着きなく動くようにもなり、じゃま!って怒られてます。
そうなんです、うちのちくわは怒られてなんぼ!怒られるのが当たり前の懲りないやつなので、「こら!」の回数が元気のバロメーター。
最近このメーター数がかなり上がってます。
ちょっと甘々にしすぎて、体力戻った今、若干我がままになってるようです。031.gif
そんな我がままや、怒るような事があっても嬉しく思えるのは病気したから。
ちくわが元気なのはありがたいって、毎日大切にしなきゃって考えを改められたのは良かったんだよね、きっと。。。

=おかん=
[PR]
by cue-nacs | 2013-03-24 22:16 | ★ちくわの時間 | Trackback | Comments(6)

f0195891_21414550.jpg
この前の入院の時、とうとう「慢性肝炎」と言われてしまいました。007.gif
去年の11月に初めて肝臓の数値が高くなってることに気がついてから、数値の高低の繰り返しで、なかなか改善されなかったので、「おそらく数値が高いまま生活していく事になるのかもしれない」とは言われてたけれど、はっきり病名を言われたわけじゃないので、ウルソ飲んで、プレセンタを摂取したら良くなるかも・・・とちょっぴり期待もしていました。
ちくわの肝炎は、一時的なもので、きっと正常値に戻るさ。と・・・
ネットで「慢性肝炎」を調べると、治らない病気。
まさか、ちくわはまだこの段階じゃないよなって。思ってました。
でも退院する時に、とうとう先生からのお話で「慢性肝炎」です。とメモに書かれて今後、こういう症状が出てくる可能性があります。と説明をされてしまいました。
先日言われた、原因を探る為のCTを撮るという話は、とりあえずなしに。
f0195891_21421962.jpg
「慢性肝炎」=一生治らない病気 ちくわは長生きできないかもしれない。
今すぐ死ぬと言われたわけじゃないのに、涙が出てきちゃいました。
それから、3日間、絶望のどん底で、眼が真っ赤に腫れてしまいました。
今でも考えると涙が出ます。
だから考えない事にしました。
今までずっとちくわには長生きしてもらおう!と思ってたけど、たとえ他の子よりは短い一生でも太く短く、美味しく楽しい毎日を送らせてあげたい!と思うようにしました。
一生終わるぎりぎりまで、自分の足で歩けて(せっかくヘルニアも治してもらったしね)、美味しいご飯食べたい!って思ってくれるように努力しようって思いました。
f0195891_21432367.jpg
正直、今までは食欲旺盛なちくわをこれ以上太らせないように、くらいしか考えてなくってなるべく低脂肪な物、カロリーの少ない物を食べさせていました。
生野菜が大好きで毎日食べるのが習慣、ご飯支度で味付け前の野菜もつまみ食い、だったので、なんとなく野菜をこれだけ食べれば、後はドライフードで大丈夫だろうと考え、一応プレミアムの部類のフードだし、おやつは国産て表示であれば安全だろうくらいしか考えず、無添加フードや手作りのご飯とかいいのはわかってても、何がどういいのか、わからず真剣に考えたことがなかったのです。
手作りだと栄養バランスが大変そうって思ってました。
実際、先生に相談しても手作りはあまり賛成されなかった。
療法食は食べてくれないから無理に勧められなかったけど。。。
f0195891_21435075.jpg
ちくわの肝臓が悪くなって初めていろいろ読んでみたら、やっぱり無添加だったり手作りの方が負担がかからないのかなぁ?って・・・今更遅いんだけど、少しでも肝臓を長持ちさせる期待を込めるのと、
1日でも多く「今日のメシもうまかったのら♪」って楽しんでもらおうと、ご飯を工夫する努力をしています。

退院してからは少しの無添加ドライフードに消化の良さそうなものをトッピング、最初はカリカリは残してたけど、元気になるのと同時に、ガリガリ食べれるように。
今はすっかり、食欲は戻り、喜んで食べるちくわを見ると、今のうちにもっともっと美味しいものを食べさせたいって本とにらめっこです。
もちろん完全手作りは、いまだに自信がないし良質なたんぱく質と栄養も必要なので、カリカリ&トッピングでちくわ好みのご飯作りです。
なぜかスープぶっかけご飯は好きじゃないらしい。。。
f0195891_2144448.jpg
最近はおかんがもたもた作ってるのをバタバタして待ってます。
面白いくらい喜んでるので、買い物いっても「これ、ちくわ食べれるな、タラは良いって書いてあったな」なんて、人間のご飯もそこから考えるように・・・。(逆だろ・・・)
f0195891_21451249.jpg
もっとずっと前からこうしていたら、病気にならなかったかも、とか胆石の手術してからもっと肝臓の勉強して気をつけてれば治った肝炎だたかも、といっぱい後悔ばかりしてます。1年前に戻りたいです。025.gif
今こんなに食欲あっても、また食べれなくなる日もある。良い悪いを繰り返して悪くなるらしいので、はっきり言って何をどう気をつけてればいいかわからない状態。
どうせ治らないなら、美味しく楽しく食べて、少しでも肝臓の悪化が遅くなって1日でも長く生きれたら、それはそれで、もうけもんだなって思うのです。思うようにしてます。悲しいけど。。。
な~んて言って、ミラクルが起こって間違って20歳まで生きないかなぁ?012.gif
事故とかで突然いなくなった訳じゃない、おかんに前もって覚悟をさせてくれたんだから、毎日大事にちくわと生活して行こうと思うのです。
長くて暗い話でごめんなさい。今のちくわパッと見とっても元気です。

=おかん=
[PR]
by cue-nacs | 2013-03-16 22:36 | ★慢性肝炎 | Trackback | Comments(9)

ちくわ入院記録

この2週間、ちくわをまた入院させてしまったので自分の記録です。 字ばっかです。

先先週の事、気のせいか元気がなく感じていた。
ここんとこ毎週のように調子が悪くなっているので、またちょっと炎症おこしてるのかな?
水分も捕ってるしご飯も食べてるので様子を見ていた。
月曜日に晩御飯を吐いたけど翌日には食べていた。
水曜日の朝御飯、ささみや野菜は食べるけど、ドライフードは残す。。。
ほんとは週末の通院日まで大丈夫かな?って思ってたんだけど、これはやっぱり調子が悪いんじゃないかって事で、午前中のうちに電話してから病院に行った。

案の定、胃の動きが鈍い、診察してる間もなんだかだるそう。
熱っぽそうだし、胃を助ける注射と点滴しましょう。
って事で、先生に点滴されている間、「スープ混ぜ御飯にしてからずっとおしっこの色が薄かったのに、ここんとこ沢山しっこしても山吹色なんです。」って言ったら、黄疸出たら色が濃くなるから念の為血液検査もすることに。。。
その前に「先生、プラセンタって合わなかったりすることないんですか?なんか使い始めた割に毎週病院に来てる気がするんですけど。。。」って質問してみたら、「実は合わないっていうのも数例あるんです。数値の動きもあまりないし、今残ってる1本で一度止めてみましょうか?」と言われ、血液検査の結果を待つことに。。
待合室で待ってる間、ちくわはやっぱりだるそうだったので、早く帰って寝かしてあげたいなぁっと結果を待っていた。
呼ばれた途端、「やっぱりプラセンタは止めます。ビリルビン(黄疸)の数値が上がってるので、入院させます。」
え?そんなに? 去年の12月の時ほどひどくはなかったけど、早めに処置した方がいいとの事。
具合悪くて帰りたくって、おかんの肩によじ登ってたのに、残念ながら帰還ならず。。。
2月27日~3月1日まで2泊して退院してきました。
退院時の数値があまり下がりきってなかったので、まだ不安だったけど、「ちくわがあまりにも寂しそうに泣いてばっかだし、御飯も食べないので精神的なものでも体力消費しちゃいそうだから一時退院して、食欲なさそうだったら、まだ点滴するので電話して下さい。」と、ちくわの我がままに根負けして出されちゃった。

でも元気だったのは1日だけ、日曜日の朝ご飯は、ささみでさえ嫌々食べる。
大好きなカボチャや芋は匂ってプイッ。
でもクッキーみたいな甘いお菓子は食べられるんだけど。。。
でも病院行き決定!で日帰り入院。
3月3.4日と結局2日間、日帰りで点滴通いしました。
点滴で入れる薬を変えたみたいで、やっと食欲も回復し、1日置いてから検査しに行った。
やっとビリルビンとCRPが下がってた。
今は食欲もすっかり戻り、おもちゃで遊ぶ元気も出てきた。


先週末はこのまま弱りつづけてしまうんじゃないかと考えすぎて、この世の終わりかと思った。
そして、今回の悪化がきっかけで、覚悟と、これからのちくわとの生活を心を入れ替えて考え直したおかんなのです。
長くなったのでその事はまた次回。

記録なのでコメント欄閉じますね。

=おかん=
[PR]
by cue-nacs | 2013-03-10 19:08 | ★胆石 | Trackback