念願の・・・

f0195891_2101219.jpg
先週末、突然おとーが盆休みになったので、出かけてきました。


f0195891_2103172.jpg
ここに・・・。


f0195891_2105035.jpg
今年は無理と諦めてたのですが、棚ボタ気分で念願の札幌競馬場!


f0195891_2111546.jpg
サラブレッド、美しい。


f0195891_2113225.jpg
ゆっくりしようと、1レース目に間に合うように5時過ぎに帯広出発。
おかげで、4レースくらいは芝生で見たり、テラス行ったり、うろうろして、「都会の競馬場はすごいね~綺麗なお姉さんもいっぱいいて、空港かなんかみたいだね~」っていなかっぺ丸出しで見学できたけけど・・・。


f0195891_2114732.jpg
さすが、札幌。
午後の重賞レースに向けて、午後からものすごい人人人!
ギブアップで7レースあたりで帰還しました。
札幌、東京、遊びに行ったことはあるけど、あんな1か所に人間が集まるなんて初めてみたかも。
東京の競馬場なんてこれの何倍も大きいのに、あんなにぎっしり人が密集してるなんて、すごいんだろうなぁ・・・。おかん、パニック起こす。絶対。


f0195891_2121344.jpg
帯広のばんえい競馬とは規模が違った。
泣くほど感動するかも・・・と思ったけど、競馬場に入った瞬間はぐっと泣きそうになったが、近くで見過ぎると馬が早すぎて、走る姿に目が追い付かない事がわかりました。感動して泣いてる余裕はなかった。
そして、距離が長いから、コース向こう側に行くと見えないのね・・・。
だから、大型ビジョンがあるのね・・。
TVで見てると、ずっと追ってるから、競馬場の広さがわかってませんでした。


f0195891_2131557.jpg
もう、充分満足だな・・。と思ってたけど、1週間して、もう「来年も行きたいな」と思っちゃったおかんなのでした。


f0195891_21442989.jpg
そして、1か月ぶりに今日はばんえい競馬。
久しぶり~。このゆるさ落ち着く~。


f0195891_21444681.jpg
こういっちゃ悪いけど、ひなびた感じの昔臭い地元の競馬場。
好きな時にどこでも座れる、なんてありがたい。
久しぶりの大きなお馬さん。
こうやって比べると、サラブレッドはピカイチの美しさ、格好良さ。
ばんえいの馬は、ゆったり安心、頼れる感じ。顔が優しい。
と違うんだなぁって思いました。


f0195891_2145864.jpg
こんなに大きなお尻。


f0195891_2133284.jpg
ダートコース走ってるみたいだね。ちくわの馬力はばんば並だったね。


=おかん=
[PR]
# by cue-nacs | 2015-08-30 21:59 | ★ちくわの時間 | Trackback | Comments(12)

初盆

f0195891_21262895.jpg
お盆といっても、迎え火送り火という風習もない十勝地方。
お墓参りには行かなきゃねって感じですが。
ちくわの初盆なんてあらたまると悲しみ倍増しちゃうので、祭壇はわりといつも通りの感じです。
実は7月まで、ちくわの寝床を祭壇にしたままで、なかなか片づけれなかった。
たたんだケージもしっこが少しついたばっちいトイレも廊下に立てかけたまま片づけてなかった。
四十九日にはちゃんとちくわを納めようと、小さいキャビネットも買ってたんだけど、塗料の匂いもあるし、祭壇に納めるという行為がどうしてもできなかった。
でも、今年は6月末から連日30℃超えが多くって、ちくわが使ってた沢山の毛布を洗うのには絶好の日より。
ようやく洗うついでに祭壇に納めることができました。腰が重いにも程があるよね。
だって、体も痛くて、動くの嫌だったんだもん。
見ないふりしてるけど、まだ、部屋の片隅に冬に来てた服がそのまんま・・・。
よくよく見てみるとちくわの物ってすごい量。
あいつったらどんだけ場所とってたんだってくらい。
f0195891_2139496.jpg

おとーの仕事は今年いつもより仕事量が増えちゃって、お盆は夜勤やってます。
日曜日も8月に入ってからはないので、ばんばに行けてない。
ちょっとストレス貯まってます。
札幌競馬場も諦めてたんだけど、仕事がはかどって終わりそうだから、もしかしたら休めるかもしれないそうなので、ちょっと期待。
おかんも、あまりの暑さにスイッチ入って、今まではちくわの為にと3時までの仕事で帰って来てたんだけど、もう意味ないし、お金もいるし、もったいないので、もう1つ週3回夕方から別のお仕事始めました。
ちくわも病院でお金かかるし、3時パートじゃ全然稼げないけど、貧乏でもちくわのとの時間を優先したかったから・・。
今は時間が空いたからって、素敵なディナー作る人間じゃないからやっぱりもてあましちゃう。
働かなきゃ生活できないし、転職するにも難しい年だし。
始めた仕事は全然違う職種だし、やっぱ掛け持ちバイトは年なんできついんだけど、疲れて帰ってきてもちくわがいなくって、わんわん泣いちゃったりもするんだけど、やっぱ無理かなと思ったりしたんだけど、もう少し頑張ろうと思う。続けて見ないとわかんないもんね。
なんの特技も技術もないから将来不安でね。
ちくわの為だけの9年間。これからは自分の老後の心配もしなきゃと思って。
ちくわを見送ったから、もう長生きしなくてもいいんだけどな。年金も少ししかもらえないし。
おばぁちゃんになっても働ける仕事って何かなぁ?
いろいろ模索中であります。

f0195891_2126553.jpg
うちの花壇で、カスミソウ、薔薇、ダリア、スイトピーも咲いてます。
f0195891_21272179.jpg
しょぼいけど、ちっちゃいブーケっぽくできました。ちくわ喜んでくれるかな?
でもね、最初に買った一番高かった薔薇は、成長が止まったまんま枯れちゃった・・・。
薔薇は丈夫らしいので、来年新芽出してくれないかなぁなんて、抜かないで置いておこうと思う。
そしてまた、ホームセンターでボロボロになったセールの薔薇購入。
これで5鉢目。気合い入れて買った最初の物より、ボロボロで安く売ってるでかい苗の方が、その後の手入れ次第で、元気に育つという事がわかりました。
何事も経験ですな。育ててみると、薔薇って手間はかかるけど、丈夫。強い!
大きな花瓶薔薇でいっぱいにしてちくわに飾るのが目標!
植物は毎日様子見て、手入れするとちゃんと答えてくれるんだと実感。
薔薇と馬が今の癒しです。
薔薇におはようというようになったおかん。ワンコに話しかけるより危ない人かもね。
f0195891_21394619.jpg
おかん、大丈夫?
=おかん=
[PR]
# by cue-nacs | 2015-08-16 22:02 | ★ちくわの時間 | Trackback | Comments(17)

こんな日曜日

今年の7月は暑い暑い。
連日30℃の時も、ちくわがいないとエアコン作動しなくちゃって思わないから暑い部屋で過ごしてました。
朝晩、庭の水切れに気が気じゃありませんでした。
農作物も干ばつの危機だったけど、ここんところ雨続きなので、なんとか無事のようです。
猛暑の中、お祭りだのばんばだの、おてんとうさんの真下で過ごす日曜日でした。


f0195891_21405459.jpg
7月12日は、十勝管内更別村のトラクターばんばへ。


f0195891_21412628.jpg
おとーは前から知ってたらしいが、おかんは今年初耳だったので、最近ばんばにはまってるし、ランボルギーニのトラクターも見たかったので、行ってみました。


f0195891_21413792.jpg
思ったより賑わってて、面白かった。
3台づつ、トラクターの階級別に数トンの重りを引っ張って競います。
スラローム?で棒を倒さないように進む為、運転席を見ると、ハンドルをグルグル回して、忙しそうでした。


f0195891_21415467.jpg
おかんもトラクター運転したくなっちゃいました。
おじさんの家に行けば、多分乗れるな・・・。
前田愛さん・・・だったかな?芹菜ちゃん、バービーちゃんが、NHKの撮影で来てたので、見れました。
バービーが一番人気でした。可愛かったよ。


f0195891_21421411.jpg



f0195891_21424390.jpg
朝の9時頃から2時近くまでいて、日焼けしてへとへとながらも、その後帯広に戻ってから、ほんとのばんえい競馬にハシゴしました。ばんば満喫♪



f0195891_21453010.jpg
7月19日は、10年以上ぶりで、千歳の航空祭におとーの希望で出発。


f0195891_21454452.jpg
あいにくの曇り空で、戦闘機なんかの飛行も派手な事はなし。
ブルーインパルスも飛行中止。


f0195891_21455796.jpg
でもでも、うちの一番のお楽しみだった、レッドブルの飛行はなんとか決行してくれて見る事が出来ました。


f0195891_21461385.jpg
空のF1、エアレースでアジア初のパイロット、室谷さんの飛行が見れたんです。


f0195891_21463353.jpg



f0195891_21464552.jpg
今年、お台場あたりでエアレースやってたから、いいなぁ見に行きたいなぁと思ってた。
レースじゃなく、曲芸飛行だったけど、すっごくかっこよかったぁ~。
思ったより長時間、やってくれたので、大満足。
ブルーインパルスが飛べなかった分、一番の見どころでした。


f0195891_2148487.jpg

それ以外の日曜日は夕方からは、ばんばへGO!です。
5月から毎週のように通ってるので、馬の名前もわかってきました。
勝負師じゃないので、1レース100円ずつ、5.6レース楽しんでます。
たまにまぐれ当たりしては喜んでます。
昔はばんえい競馬なんてわからないし、興味なかったんだけど、やり始めると馬は可愛く、頑張れって気持ちで毎週会いに行きたくなってます。
おかんが今、一番落ち着く場所になってます。


f0195891_21483348.jpg

知らない時は重たい物引っ張らせて、お尻叩いて可哀想・・・って思ったけど、ムチで叩いているんでなく、手綱の延長部分で、進めって合図なので、馬は全然痛くないらしいし、重りも辛くなる程の重さではなく、馬体重に合わせてるので、苦じゃないみたい。

f0195891_214852100.jpg

たまに山を登りきれずに止まってしまう馬がいるんだけど、よく見てると、「もう、引っ張りたくないよ、一休みするし」って馬の気分で留まってるように見えます。
だって、その後はダッシュで走ったりするんだもん。「なんか、マイペースなちくわがだだこねてる姿に似てるわ」って感じで見守れます。

f0195891_21491133.jpg

5月の頃は2歳馬なんかは、デビューしたてなので、山を越えるのもしんどそうで、可哀想ながらも、観客の注目は超えられないビリの馬。
子供たちにも「がんばれ~」って応援されて、ゴールしたら、1位の馬より会場中から大拍手で、ちょっとうるっとなったり・・・。
そんな2歳馬も、今ではほとんど山も止まらずにクリアでゴールできるようになってて成長がよくわかるのです。
そんな感じのちくわ家の日曜日でした。

たまにやってるCMするくらいの大きいレースは場外で買ったりもします。
この前の宝塚記念で、おかんはラブリーデイという馬券を買い、まぐれ当たりしたんだけど、そのレースで一番人気のゴールドシップ、まさかのトラブルでスタート失敗。
何かやる馬だと前予想では聞いてたので、ほんとだったと思いながら、周りのおじさん達も苦笑い。
でもね、実力ある子だからすごく出遅れたけど、馬群に追いつくし、綺麗な馬でさ。
買った馬より、ゴールドシップにくぎ付け。
帰ってから、調べてみたら、お父さん兄弟共々なかなかやんちゃなやつらしい。
そんなとこが、すごく気に入り、ファンになっちゃいました。人間なら恋しちゃったかも・・・。
賭け事としてじゃなく、こんな風に競馬にはまったりするんだね。
こんどのレースはいつかな?今度は絶対に買うんだ。ゴールドシップ♪
はぁ、生でサラブレッドのレースがみたい。
おとーが休めれば8月中に札幌に見に行くぞ!と思ってるけど行けるかな?

f0195891_2150132.jpg

何かをしてたり、何かに熱中したり、出かけたりしないと、ちくわの穴はなかなか埋もれることはなく。
小さい花壇の中には、園芸屋さんでセールするたびに花苗を買い、未だかつてないくらいに、わんさか花を植えてるおかん。
薔薇の苗もあれから2鉢追加し、それでもまだ欲しいと思ってる。
どんだけ増やしても寂しさは埋められないね。

f0195891_21503598.jpg

5ヶ月経つのに、未だに涙は溢れます。
こんなにひきずるおかんは、完全なるペットロスなんだろね。

f0195891_21505465.jpg

どこでも泣いちゃう自分がやばいと思う今日この頃です。
困ったおばさんだな。

=おかん=

[PR]
# by cue-nacs | 2015-07-26 22:15 | ★旅に出た! | Trackback | Comments(23)

f0195891_2154064.jpg
6月14日 数年ぶりに遠出しました。
十勝から出たのは久しぶりです。
馬の写真ばかりいっぱいです。


f0195891_217054.jpg
日高方面、新冠町というところです。
もう何年も前から1度来てみたかったところです。
サラブレッドの育成牧場が集まる場所で、有名なオグリキャップが晩年過ごした土地です。
サラブレッド銀座と名がついている程、道路沿いに牧場で、馬・馬・馬です。
ハイセイコーも聞いたことあるよね。


f0195891_2171376.jpg
オグリキャップには立派な記念館が建てられてました。記念品がいっぱいでしたよ。
ほんとに立派で愛された馬だったんだなぁと実感。


f0195891_2174392.jpg
念願のサラブレッド。
かっこいい~012.gif
同じ北海道でも十勝とは別世界なのです。
十勝は牛・牛・牛・羊・牛なのに、見渡す限り馬ばかりで夢のよう016.gif


f0195891_2175628.jpg
おとーと馬が思いっきり走る姿を見て「かっこいい!」と感動。
綺麗な牧場に美しい馬が沢山なのです。


f0195891_218445.jpg
仔馬も沢山いました。
この中には将来名を残す名馬になる子もいるんだろうな。


f0195891_218171.jpg
実はGWあたりから、毎週日曜日はお馬さんを見て過ごしてます。
先週は新冠でサラブレッドだったけど、それ以外は帯広のばんえい競馬に通ってます。
お馬さん見て癒されてます。


f0195891_2183018.jpg
競馬が好きって訳ではないんだけど、昔からなぜか馬に惹かれちゃうんだよね。
前世は馬だったのか?
乗馬やりたいって思ったこともあるけど、さすがに無理。見て我慢だな。


f0195891_218411.jpg



f0195891_2185643.jpg



f0195891_2191775.jpg



f0195891_2192939.jpg



f0195891_2194210.jpg



f0195891_2195226.jpg



f0195891_211008.jpg



f0195891_2110822.jpg



f0195891_21102020.jpg



f0195891_21122463.jpg
新冠には山の奥の廃校が美術館になってる場所があるらしく、体育館大の絵があるというので、見物に。


f0195891_21123524.jpg
ほんとに山奥です。
カメラ撮影OK!出入りOK!の美術館。


f0195891_21131372.jpg



f0195891_21132356.jpg
写ってるおとーと比較するとたしかに大きい。
上下左右は鏡なので余計に巨大に見えるのです。
迫力です。


f0195891_2113421.jpg
この画家さんの絵が好きな訳ではなく巨大な絵を見たかっただけなんだけど、かなりの絵が飾ってあり、好きな人には見応えありかな。
おかん的にはちょっと怖い絵だったけど・・・・。


f0195891_2114017.jpg



f0195891_2218368.jpgバカラの鹿?037.gif


f0195891_2219016.jpg



f0195891_21142415.jpg
旧太陽小学校。
いったい、どこの子がここに通ってたの?てなくらい民家が見当たらない山の中の小学校。


f0195891_21162169.jpg
ぬいぐるみかと思ったら本物の猫。
田舎らしいゆる~い感じの美術館だね。


f0195891_21165363.jpg
馬のようにどどどどどーって足音立てて走ってたね~。
本気で走る姿はちくわもかっこ良かったね016.gif

=おかん=
[PR]
# by cue-nacs | 2015-06-20 22:27 | | Trackback | Comments(13)

あの日

f0195891_15415487.jpg
腹水を抜くかどうかは、先生とずっと悩んできた。
おかんとおとーは抜いてもらった方がいいんじゃないか?って話もしてたけど、抜くとその時は楽になるけれど、ちくわの場合、早ければ数時間でまたすぐ溜まり、よりいっそう栄養が吸収出来なくなるので、痩せて体力もなくなり、ちくわにとっては辛い時間が長くなるだけ。抜いた翌日亡くなった子も知ってるので、抜きたくない。ちくわには出来るだけ苦しい思いをさせたくない。と先生には言われてた。
抜く決断をするのは、呼吸が苦しくなるくらい溜まるか、ご飯を食べても吐いてしまうようになってから。
だけど結局最期まで、吐くことはなかった。

最後になった日、おやつも食べれないし、腹水がすごく増えてるので、いよいよ抜かないとまずいんじゃないかと病院に電話をし、ちくわを連れて行った。
予定では翌日留置針を取り換えに行く日程だった。

家にいた時はすごくだるそうで、ものすごく動きづらそうになってたけど、重いお腹に振られながら「病院行くよ」と言ったら歩くことが出来てた。
受付して、車でしばらく待って、診察して、腹水の状態をエコーで見てもらったら、やはりかなり溜まってた。
それでもやっぱり先生はどうしようか考えてる感じ。
胸水はなかったし、見た目的にはもっとひどく膨れるそうだ。
そして歯茎を確認してみたら、歯茎も舌も真白くなってた。
さっきまでは普通に赤かったはず・・・。もうびっくりでした。
そして先生からは「この状態では腹水抜けない。抜いたらショックを起こしてその場で死ぬ可能性あり、そして、ここまできたらあと1週間持つかどうか・・・間違いなく1週間持たないです。もしかしたら今夜も危ない可能性もあります。」と。
そして泣きながら帰宅しました。

それでもまだ1週間の時間はあると思い込んでたおかん。
おとーも家に帰ってたので、ちくわを見てもらい、札幌の業者さんに先生に教えてもらった酸素ハウスを手配。でも届くのは明後日の朝。間に合うと信じてお願いした。
取りあえず病院から持ってきた酸素缶をあててみたけど、効果あるのかないのか・・・。
じいちゃんとばあちゃんにも一応会いに来てもらった。
じいちゃん達がくる数分前から、急にきゅ~んてちくわらしくない声を出しはじめる。
それが数分おきに。目も上を向いてしまってた。レメディとブドウ糖を口に入れるとすこし戻ったけど、やっぱりきゅ~んて鳴く。
もしかしてこれこそ、肝性脳症の発作かと病院に電話して、確認してから初めて座薬を入れた。
数分で落ち着くが、なんだか呼吸がしずらいのか、大きく胸が上下してた。
じいちゃん達が帰ってからも1時間くらい、発作は治まったが、寝そうで寝ないので、おかんは冷たい手を握り、目の前で顔を見ながら「ちくわ、大丈夫?疲れるからねんねしなさい」って頭をなで続けた。
この時でもまだ、落ち着いたから眠るだろう。今夜からは寝ないで付き添いだな・・と思ってた。
そして、おとーがお腹が圧迫されて苦しいんじゃないかと、座布団とお腹の間にすっと隙間をつくるのに手をいれた瞬間、ふーって言って大きく息を吸った。
そしてそれが最後の一息になってしまったのでした。
おとーが「え?息止まったんでない?」「え?うそでしょ?まじで?」と慌てて心臓マッサージ的な事をするも、戻るわけもなく・・。
病院から帰ってから、2時間くらいの事でした。
ほんとにこんなにもあっけないものかと、驚きました。
動けなくなって、何も食べれなくなって、トイレも自力で出来なくなって、つきっきりの介助を仕事も休んでするつもりで、最後はおかんの腕の中で、もう頑張らなくていいよ・・とかありがとう・・とか大好きだからね・・とか言う状況を想像し、覚悟してたので、思いっきりちくわには驚かされました。
さっき帰ったばかりのじいちゃんばあちゃんも、すぐまた線香をもって来てくれた。

病院に行かなきゃ良かった、しんどかったのに、連れてったからだ・・・と泣いて後悔してたら、おとーとばあちゃんに行かなきゃ行かないで、行けば良かったって思うでしょ。と言われた。そのとおりです・・はい。
f0195891_15403097.jpg

その日のお昼ヨーグルトを喜んで食べてたちくわ。
晴れてるのでベランダの窓開けたら、よいしょよいしょと歩いて、しばらく真白い外を眺めてたちくわ。
窓締めるよと言ったら、雪の反射で眩しそうに目を細めながらおかんを見上げたちくわ。
最期の日まで、いってらっさいとしっかり見送って、おかえりと迎えてくれたちくわ。
寝たきりの姿を見せたくなかった?もしかして、自分が今夜死ぬとは思ってなかったんじゃない?
ごめんね、最後の最後までバタバタしちゃったね。

MAX7㎏だった体重は、手作りご飯になってから、5.4㎏くらいでキープしてたはずだけど、おやつしか食べなくなって多分少しづつ落ちてたんだろうけど、それと入れ替わりに腹水が貯まり出したので、良いのか悪いのか、ガリガリのちくわを見ずにすみました。
最期の体重は腹水で増えて7㎏にかなり近くなってた。
お水だけど、健康な時の体重に偶然戻って旅立ったようです。
多分辛かったんだろうけど、おかんにあまりしんどい姿を見せませんでした。ほんとに強い子でした。

おとーは「ごっついちくわを見なれてるうちらだから、腹水抜いたり、痩せてがりがりになるちくわを見つづけるのは多分一番辛かったろうから、まだ良かったのかもね」と言ってた。

どっちがいいんだかね。あまりにもあっさりしすぎて、受け入れるのにおかんはかなり時間はかかったよ。
f0195891_15405234.jpg

5月29日が百か日でした。
最期の日の事、思い出すと泣けてしまうので、スルーしてきたけど、さすがに時間たち過ぎ。
書きながら、やっぱりボロボロですが・・・。
100日経っても、何もかわらないなぁ。
こういう事は勢いで書かないと駄目だね。こんなに引っ張ってるのはおかんだけだろね。
今更いいかな?とも思ったけど、ちゃんと最後まで頑張ったってちくわの為に書かなきゃと思いました。
未だに心配して下さってる皆さんにもまた悲しい思いさせてしまいます。ほんとにごめんなさい。
悲しい話はこれで終わりにするから・・・。
f0195891_15411295.jpg

うちの放置クレマチス。
ちくわの事でいっぱいで何年も全然気にしてなかったのに、今年は早くから暑いせいか、みごとに咲き誇ってます。
放置しても生命力のある子はちゃんと育つのだね。

=おかん=
[PR]
# by cue-nacs | 2015-06-06 15:56 | ★ちくわの時間 | Trackback | Comments(19)