人気ブログランキング |

ちくわ入院記録

この2週間、ちくわをまた入院させてしまったので自分の記録です。 字ばっかです。

先先週の事、気のせいか元気がなく感じていた。
ここんとこ毎週のように調子が悪くなっているので、またちょっと炎症おこしてるのかな?
水分も捕ってるしご飯も食べてるので様子を見ていた。
月曜日に晩御飯を吐いたけど翌日には食べていた。
水曜日の朝御飯、ささみや野菜は食べるけど、ドライフードは残す。。。
ほんとは週末の通院日まで大丈夫かな?って思ってたんだけど、これはやっぱり調子が悪いんじゃないかって事で、午前中のうちに電話してから病院に行った。

案の定、胃の動きが鈍い、診察してる間もなんだかだるそう。
熱っぽそうだし、胃を助ける注射と点滴しましょう。
って事で、先生に点滴されている間、「スープ混ぜ御飯にしてからずっとおしっこの色が薄かったのに、ここんとこ沢山しっこしても山吹色なんです。」って言ったら、黄疸出たら色が濃くなるから念の為血液検査もすることに。。。
その前に「先生、プラセンタって合わなかったりすることないんですか?なんか使い始めた割に毎週病院に来てる気がするんですけど。。。」って質問してみたら、「実は合わないっていうのも数例あるんです。数値の動きもあまりないし、今残ってる1本で一度止めてみましょうか?」と言われ、血液検査の結果を待つことに。。
待合室で待ってる間、ちくわはやっぱりだるそうだったので、早く帰って寝かしてあげたいなぁっと結果を待っていた。
呼ばれた途端、「やっぱりプラセンタは止めます。ビリルビン(黄疸)の数値が上がってるので、入院させます。」
え?そんなに? 去年の12月の時ほどひどくはなかったけど、早めに処置した方がいいとの事。
具合悪くて帰りたくって、おかんの肩によじ登ってたのに、残念ながら帰還ならず。。。
2月27日~3月1日まで2泊して退院してきました。
退院時の数値があまり下がりきってなかったので、まだ不安だったけど、「ちくわがあまりにも寂しそうに泣いてばっかだし、御飯も食べないので精神的なものでも体力消費しちゃいそうだから一時退院して、食欲なさそうだったら、まだ点滴するので電話して下さい。」と、ちくわの我がままに根負けして出されちゃった。

でも元気だったのは1日だけ、日曜日の朝ご飯は、ささみでさえ嫌々食べる。
大好きなカボチャや芋は匂ってプイッ。
でもクッキーみたいな甘いお菓子は食べられるんだけど。。。
でも病院行き決定!で日帰り入院。
3月3.4日と結局2日間、日帰りで点滴通いしました。
点滴で入れる薬を変えたみたいで、やっと食欲も回復し、1日置いてから検査しに行った。
やっとビリルビンとCRPが下がってた。
今は食欲もすっかり戻り、おもちゃで遊ぶ元気も出てきた。


先週末はこのまま弱りつづけてしまうんじゃないかと考えすぎて、この世の終わりかと思った。
そして、今回の悪化がきっかけで、覚悟と、これからのちくわとの生活を心を入れ替えて考え直したおかんなのです。
長くなったのでその事はまた次回。

記録なのでコメント欄閉じますね。

=おかん=
トラックバックURL : https://chikuwakun.exblog.jp/tb/18738855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cue-nacs | 2013-03-10 19:08 | ★胆石 | Trackback